目の下のたるみをなくす方法とは

おばさんになった自分にショック

おばさんになった自分にショックアイクリームとマッサージで効果を得る美容に興味を持ち続けるために

子育てもひと段落し、自分のための時間も増えてきたので何か新しいことを始めてみようか、と思った矢先のことでした。
鏡をまじまじと覗くと、そこには老けたオバサンが。
髪はパサパサで乱れ、シワも目立ってきて、たるみも酷いことになっていました。
その瞬間、二人の子供を育てている間、美容に気を遣うヒマも無く、慌ただしく過ぎて行った数年間を思い出しました。
子育ての苦労がハッキリと顔に出て、見た目はもう40すぎのオバサンという感じでした。
実年齢はまだまだそこまでいっていないのに、こうも老けて見えると、さすがに危機感を覚えました。
特に、目の下のたるみがひどく、下まぶたはぷっくりと腫れ、頬を斜めに渡るゴルゴ線が浮き出ていました。
目の周りって、一番大事なパーツだと思うんです。
目元が若々しくスッキリしていると、やっぱり若く見えるし健康的な印象があって自己管理のちゃんとしている人なんだなって感じます。
逆に、目元が疲れていて、むくみやたるみが目立っていると、老けて見えるだけじゃなくて、顔のケアが出来ていなくて美意識薄そうって思われそうですよね。
これでは、母親としても妻としても、女性としてもダメになっていく気がする、そう感じて、本気でたるみ取りに取り組もうと決めました。
しかし、私はあいにくの面倒くさがりです。
アンチエイジングの本や、テレビなんかで紹介されているのは、マッサージなどを行い自力でたるみをなくす方法ばかり。
毎日コツコツとマッサージなんて考えただけで面倒くさそうだし、一日も続かなそうです。
どうにかしてラクにキレイになれないかな、と色々探しました。
目元に良さそうな食事を意識したりもしました。
目に良いとされる成分を含んだ食事を摂り続けることで、目の疲れを軽減し、血行を促進したりむくみを和らげることで、ぱっちりとした目元に導くという方法です。
ビタミンやフラボノイド、カロテノイドなどを含んでいる、緑黄色野菜や赤ワインとかを積極的に摂ると良いみたいです。
これは、食べるのと料理するのが大好きな私にはピッタリです。
即効性はありませんが、全く辛くないし苦でもないので、長く続けていけそうです。